事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 府立高等学校、卒業生を含む生徒159人分の個人情報を流出

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
19
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2020.04.24

    【大阪府】

    府立高等学校、卒業生を含む生徒159人分の個人情報を流出

2020年4月24日、大阪府の府立高等学校で、
卒業生を含む生徒159人分の個人情報を
流出させていたことがわかった。

流出させた個人情報は、卒業生を含む生徒159人分の
教務関連資料と生徒支援関係資料に記載されていた、
生徒の名前、学年、組、出席番号、年齢、出欠状況、成績、
評定、転退学の情報、家庭環境と配慮事項など。

転勤のため資料を整理していた教諭は、本来であれば
シュレッダーで裁断するべき当該資料を紙ごみとして袋に入れ、
同校のゴミ置き場に廃棄した。

翌日、近隣の小学校から「道路に貴校の資料が散乱している」と連絡があった。
同校の教職員が散乱していた当該資料を確認し、
見つけられた資料を回収した。

紙ごみ回収業者が運搬する際に、路上に散乱させた可能性があるという。

同校は、個人情報を含む資料を廃棄する場合は、
シュレッダーか溶解で廃棄することを徹底するという。

(2020.04.24)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP