事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 府立高等学校、生徒の個人情報を記載した高校生活支援カードを誤廃棄

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
19
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2020.04.21

    【大阪府】

    府立高等学校、生徒の個人情報を記載した高校生活支援カードを誤廃棄

2020年4月21日、大阪府の府立高等学校の教諭が、
生徒の個人情報を記載した高校生活支援カードを
誤廃棄していたことがわかった。

高校生活支援カードには、2年生40人の名前、
保護者の名前、学年、組、出席番号、出身中学校、
高校生活の配慮希望などが記載されていた。

教諭は、新学年に向けて書類の引継ぎ作業を行った際に、
担任していたクラスの高校生活支援カードがないことに気づいた。

教諭が担任していた学年では、
担任がそれぞれの自席で当該カードを保管していたため、
教諭は他の廃棄書類と一緒に誤廃棄した可能性が高いとしている。

同校は、当該カードの保管方法を全学年で一括し、
鍵のかかるロッカーで管理することにしたという。

(2020.04.21)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP