事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 国立大学、他学生の個人情報を閲覧できる状態に学修支援システムを誤設定

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
7
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2020.06.04

    【大阪府】 設定ミス

    国立大学、他学生の個人情報を閲覧できる状態に学修支援システムを誤設定

2020年6月4日、大阪府の国立大学が、
他学生の個人情報を閲覧できる状態に
学修支援システムを誤設定していたことがわかった。

在学生が学修支援システムにログインした際、
他の在学生や一部の卒業生の氏名とローマ字表記を閲覧でき、
その画面から他の在学生宛にメールを送れる状態だった。

当該システムの利用者から問い合わせがあり、誤設定が判明した。

当該システムの管理者が、本来であれば不要な設定を
利用可能に設定したことが原因だという。

(2020.06.04)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP