事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 市立小学校、ホームページに誰でも閲覧できる状態で児童の名前を誤掲載

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
7
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2020.06.05

    【北海道】 設定ミス

    市立小学校、ホームページに誰でも閲覧できる状態で児童の名前を誤掲載

2020年6月5日、北海道の市立小学校が、
ホームページに誰でも閲覧できる状態で、
児童の名前を誤掲載していたことがわかった。

当該ホームページは、臨時休校中の児童の健康状態を把握するために、
保護者が児童の体温などを入力できる画面を同校の教員が作成したもの。

クラスごとに全校児童の名前が表示される設定になっていたため、
ホームページを公開していた4月17日~6月4日までの間、
およそ250人の児童の名前が学校関係者以外でも閲覧でき、
フォーム入力も可能だったという。

6月4日に市民から指摘があり、ホームページの誤掲載に気づいたという。

(2020.06.05)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP