事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 市立小学校、児童の個人情報を含むUSBメモリを入れたリュックサックを紛失

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
11
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2020.06.12

    【神奈川県】 紛失・置き忘れ

    市立小学校、児童の個人情報を含むUSBメモリを入れたリュックサックを紛失

2020年6月12日、神奈川県の市立小学校の教諭が、
児童の個人情報を含むUSBメモリを入れたリュックサックを
紛失していたことが分かった。

USBメモリには、教諭が以前担任していた学級の児童54人分の
学習の状況に関する所見と、一部に児童名が記載された学級通信の原稿、
一部に児童名が記載された学校行事に関するしおりが保存されていた。

リュックサックには、USBメモリ以外に
教諭が現在担任している学級の児童28人分の短歌も入っていた。

規定では、学校関連データを記録した媒体は教育委員会に登録すること、
その上で、校外に持ち出す場合は校長に許可を得ることになっていたが、
教諭はどちらも守っていなかったという。

教諭は、帰宅する際に同僚と飲食店で飲酒したあと、
バスの停留所で寝てしまい、気づいたときには
リュックサックごと紛失していたという。

(2020.06.12)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP