事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 小学校、児童が提出した宿題を捨てた教諭に停職処分

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
7
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2020.09.18

    【新潟県】

    小学校、児童が提出した宿題を捨てた教諭に停職処分

2020年9月18日、新潟県の小学校の教諭が、
児童から提出された宿題を返却せずに捨てていたことが判明し、
停職処分になっていたことがわかった。

教諭が捨てたのは、休校期間中などの家庭学習にしていた
絵日記や学習プリントなどの宿題、学習カードなど約260枚。
児童の氏名が記載されていたという。

教諭はそれらの確認や評価を行わず、
自身の家庭ごみと一緒に居住地以外のごみステーションに捨てた。

ごみステーションの管理者が、
指定外のごみ袋を発見し中身を確認したところ、
当該の宿題が捨てられていたという。

教諭は、新型コロナ対応の業務が増えたため、
「宿題を安易に考え、面倒になった」と話しているという。

(2020.09.18)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP