事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 市のホームページに待機児童の個人情報435件を誤掲載

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
7
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2020.09.08

    【神奈川県】

    市のホームページに待機児童の個人情報435件を誤掲載

2020年9月8日、神奈川県内の市職員が、
市のホームページに待機児童の個人情報435件を
誤掲載していたことがわかった。

ホームページには、令和元年度と令和2年度の
保育所等待機者435件を一覧にした表が掲載されていた。
表には、児童の氏名、クラス年齢、保育時間、住所、
入園要件などの個人情報が記載されていた。

本来であれば、保育所名とクラスごとの待機人数のみを
表(PDF)にしてホームページに掲載するところを、
担当職員が誤って個人情報を含むExcelファイルのまま掲載していた。

課⻑と課⻑補佐の2名もファイルを確認していたが、
ファイルの形式が通常と違ったため、
個⼈情報が含まれていることに気づかなかったという。

市民から問い合わせがあり、誤掲載に気付いた。
ホームページに掲載されていた約1時間半の間に、
このページには22件のアクセスがあった。

(2020.09.08)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP