事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 公立小学校、個別指導計画書と個別教育支援計画書を誤送信

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
7
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2020.10.05

    【岩手県】 誤操作・誤送信

    公立小学校、個別指導計画書と個別教育支援計画書を誤送信

2020年10月5日、岩手県の公立小学校の教員が、
児童6人の個別指導計画書と個別教育支援計画書を
誤ったメールアドレスに送信していたことがわかった。

当該計画書には、児童の氏名や学校名、障害の状態、
支援の目標などの個人情報が記載されていた。

教員は自宅で業務をするため、当該計画書のファイルを
自宅にある私物のパソコンに送ろうとしたところ、
誤ったメールアドレスを入力し送信していたという。

誤送信先に資料の削除依頼をメールで送ったが、
今のところ返信はないという。

同市では個人情報の持ち出しは原則禁止しているが、
教員は校長に許可を得ず無断でファイルを送信していた上、
パスワードの設定などもしていなかった。

(2020.10.05)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP