事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 都立高等学校、生徒4,697人の個人情報を保存したSDカード2枚を紛失

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
7
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2020.11.19

    【東京都】 紛失・置き忘れ

    都立高等学校、生徒4,697人の個人情報を保存したSDカード2枚を紛失

2020年11月19日、東京都の都立高等学校の教諭が、
生徒4,697人の個人情報を保存したSDカード2枚を
紛失していたことがわかった。

SDカード1枚には、教諭が以前勤務していた高等学校の
平成26~29年度入学者選抜応募者2,224人の
個人情報が保存されていた。

もう1枚には、上記の平成29年度分に加えて、
教諭が現在勤務している高等学校の平成28年、30年、令和1~2年度の
入学者選抜応募者2,473人の個人情報が保存されていた。

個人情報には応募者の受検番号や性別、出⾝中学校、⽒名、ふりがな、
各教科の評定、調査書点、学⼒検査の得点、総合成績などが含まれていた。

教諭は以前勤務していた高等学校で、
入学者選抜に関するデータのバックアップを取るため
入学者選抜用パソコンからSDカードに複写保存した。

その際、入学者選抜用パソコンの設定を無断で変更し、
SDカードを使えるようにしていたという。

さらに、入学者選抜用パソコンに保存していた
自作のデータ入力用の表を異動先でも活用しようと考え、
別のSDカードに複写保存し、自宅に持ち帰った。

教諭は、自宅に持ち帰ったSDカードを異動先の学校でも使用し、
入学者選抜に関するデータを無断で複写保存した。
当該SDカードは自分の机の引き出しに保管していたが、
今年の10月になくなっていることに気づいたという。

教諭はもう1枚のSDカードを、
以前勤務していた高等学校に置いてきたと話しているが、
見つかっていないという。

(2020.11.19)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP