事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 国立大学、学内宿泊施設予約システムが不正アクセスされ、約4万件の個人情報を漏えい

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
7
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2020.12.09

    【大阪府】 不正アクセス

    国立大学、学内宿泊施設予約システムが不正アクセスされ、約4万件の個人情報を漏えい

2020年12月9日、国立大学の学内宿泊施設予約システムが不正アクセスされ、
約4万件の個人情報を漏えいした可能性があることがわかった。

当該システムは学内外の研究者や学生らが利用する宿泊施設や、
留学生寮の予約・利用申請を管理していた。

不正アクセスによって、平成29年度4月~令和2年度12月1日までに
当該システムを利用した43,213人が入力した氏名や生年月日、住所など、
46,630件の利用履歴が消去されたという。

同大学は、不正アクセスが発覚した即日、
サーバーへの通信を遮断し、システムの使用を停止した。

(2020.12.09)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP