事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 国立大学、外部のマルウェアチェックサイトに個人情報を含むファイルを誤掲載

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
7
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2021.02.02

    【石川県】

    国立大学、外部のマルウェアチェックサイトに個人情報を含むファイルを誤掲載

2021年2月2日、石川県の国立大学が、
外部のマルウェアチェックサイトに個人情報を含むファイルを
誤掲載していたことがわかった。

ファイルには、同大学の教職員や学生などの氏名や
所属、同大学が付与したメールアドレスなど、
1,725件の個人情報が含まれていた。

セキュリティ監視用の端末を誤って事務作業に使い、
当該ファイルをダウンロードしたところ、端末の設定によって、
外部のマルウェアチェックサイトに自動的にアップロードされたという。

昨年11月にアップロードされてから、今年1月に判明するまでの間、
サイト運営者やセキュリティ関係者などが、
ファイルをダウンロードできる状態だったという。

外部から指摘があり、誤掲載していたことが判明した。

(2021.02.02)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP