事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 国立大学、教員のメールアカウントが不正アクセスされ、学生の個人情報を漏えい

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
7
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2021.03.30

    【愛知県】 不正アクセス

    国立大学、教員のメールアカウントが不正アクセスされ、学生の個人情報を漏えい

2021年3月30日、愛知県の国立大学で、
教員のメールアカウントが不正アクセスされ、
学生の個人情報を漏えいしていたことがわかった。

この不正アクセスにより、
当該教員のメールアカウントで受信したメール3,994件が、
第三者に閲覧された可能性があるという。

閲覧された可能性のある受信メールのうち、
「課題提出のメールによる通知」857件には、
学生333人分の氏名、課題の名称、学籍番号、
課題の編集などができる教員2名の⽒名、職員番号が含まれていた。

当該教員は、同大学に実在する本学情報連携推進本部ITヘルプデスクを装った
不審なメールに記載されたURLにアクセスし、
メールアドレスとパスワードを⼊⼒していたという。

3月に、学外へ大量のメールが送信されていることが発覚し、
調査したところ、不正アクセスされていることに気付いたという。

(2021.03.30)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP