事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 県立高等学校、2年生276人の個人情報を保存した私物のUSBメモリを紛失

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
7
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2021.04.05

    【宮城県】 紛失・置き忘れ

    県立高等学校、2年生276人の個人情報を保存した私物のUSBメモリを紛失

2021年4月5日、宮城県の県立高等学校の教員が、
2年生276人の個人情報を保存した私物のUSBメモリを
紛失していたことがわかった。

USBメモリには、2年⽣276⼈全員の⽒名や成績、
進路希望などの個⼈情報が保存されていた。

教員は新年度のクラス分けの作業をするため、
私物のUSBメモリにデータを保存し、自宅に持ち帰った。

翌日に作業を使用としたところ、
紛失していることに気付いたという。

私物のUSBメモリの使⽤や個⼈情報の持ち出しには、
管理職の許可が必要だったが、教員は許可を得ていなかった。

(2021.04.05)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP