事故情報のまとめ

ISENのつぶやき

TOP > 情報セキュリティ事故ニュース > 私立大学、学内サーバーが再び不正アクセスされ、延べ6,507件の個人情報が漏えい

漏洩・紛失・不正行為…情報セキュリティ事故

前月の事故件数
7
件
  • 学校種別で検索する
  • 都道府県で検索する
  • 年度で検索する
  • 漏えい人数件数で検索する
  • 漏えい媒体で検索する
  • 事故の種類で検索する

漏えい媒体

  • 2021.05.07

    【神奈川県】 不正アクセス

    私立大学、学内サーバーが再び不正アクセスされ、延べ6,507件の個人情報が漏えい

2021年5月7日、神奈川県の私立大学で、
学内サーバーが再び不正アクセスされ、延べ6,507件の個人情報を
漏えいしていたことがわかった。

漏えいしていたのは、2013年12月20日から2021年4月12日までに、
大学院棟会議室予約システムを利用した学生や教職員の個人情報で、
内訳は以下の通り。

・予約者の氏名 学生・教職員 552件
・予約者の電話番号 505件
・予約者のメールアドレス 609件

当該システムに存在していた脆弱性が原因だという。

当該システムのトップページの表示が乱れていたため、
調査したところ本件が判明した。

この件を受けて、同大学がログを調査したところ、
昨年11月~12月にも3回にわたって
類似の攻撃を受けていたことを確認した。

同大学はサービスを停止し、対象者に個別の連絡をしたという。

(2021.05.07)

つぶやく

一覧へ戻る


PAGE TOP